ATFブランド情報

ホーム > > ウブロ ~革新的なフォルムと新素材をミックス~

ウブロ ~革新的なフォルムと新素材をミックス~

ウブロ.jpg

長い歴史を持つブランドが多い時計産業の中で一気に知名度を上げている新進気鋭ブランド。フュージョン(融合)というコンセプトでスイス時計業界の固定概念を払拭する圧倒的な独創性は多くの注目を集め人気を博している。そんなウブロの魅力に迫ってみたい。

スイスのレマン湖畔にあるニヨンという小さな町でイタリア人のカルロ・クロッコが1979年に創業した時計メーカーで、スイスの伝統的な技術にイタリアンテイストを融合させたコレクションが特徴的と言える。社名のウブロ(HUBLOT)とはフランス語で「舷窓」を意味し、船の丸窓を思わせるユニークなケース形状と12個のビスで留められたラウンドベゼルが独自の世界観を確立している。また従来の時計業界のセオリーには無かったゴールドケースとラバーベルトの組み合わせを提案するなど、いち早く異素材の融合に着目していた。クォーツ時計が台頭してきたことによりスイス時計業界に逆風が吹く80年代初頭において、ウブロは新風を巻き起こす存在として注目され人気を博すこととなる。ウブロの信条はフュージョン(融合)というコンセプトにあり、高級腕時計には使用されにくいマテリアルと高級感のあるエレメントを融合させることによって魅力的なモデルを生み出している。例えば廉価な腕時計に多く見られるゴム製ラバーストラップの採用などは、今日ではウブロの大きな特徴ともなっている。シンプルで飽きの来ない独特なデザインに特性の異なる素材が融合することでウブロ然とした現代的なセンスを実現しており、時代に合わせたデザインを提案する姿勢こそがウブロの魅力と言える。そのためか保守的なスイス人よりも洒落っ気のあるイタリア人からの評価が高く、ジョルジュ・アルマーニやルチアーノ・ベネトンといった有名デザイナーに愛用者が多い。当初スイスの時計業界からは異端児扱いされたもののイタリア・ファッション界で受け入れられたのを機にヨーロッパの王族の支持を得るなどして成長を遂げていき、ウブロのモデルはいつしか「王の時計」をと称されるまでになった。ちなみにブランド最初の顧客が、軍事クーデターにより国を追われる形となった元ギリシャ国王コンスタンティノスⅡ世であり、2本購入した内の1本をスペインのファン・カルロス国王にプレゼントしたという有名な逸話も残っている。

2004年からは名門ブランドのブランパンやオメガを復興させてきた時計界の重鎮ジャン・クロード・ビバーをCEOに迎え入れ、創業時からのコンセプトであるフュージョンをさらに進化させた「アート・オブ・フュージョン」=融合の芸術を新しいスローガンに掲げ、創業25周年を迎えた翌2005年にはラグジュアリーなスポーツテイストを強調した機能とデザインの「ビッグ・バン」シリーズを発表。セラミックやケプラー、チタニウムなどの新素材を採用し、ムーブメントにはHUB44自動巻き機械式を使用。立体的なマルチレイヤー構造なので各層に取り入れられている個々の魅力が活かされ、より独創的なモデルに仕上げられている。ジュネーブ・ウォッチ・グランプリでベストデザイン賞を獲得するなど世界的に高い評価を得て、バリエーションを増やしながら現在へと続くウブロの定番人気モデルとして位置付けられている。その後も"オールブラック"や"キングパワー"、"クラシック・フュージョン"といった魅力的なモデルを次々とリリースして話題を呼ぶ。

2009年には新社屋を構えるとともに自社製ムーブメント「UNICO」を開発。

スイス時計の正確さと信頼性、創始者であるイタリア人の持つ洗練されたファッション感覚を兼ね備え、エレガントでありながらユニークなのもを愛する人には堪らない時計として不動の地位をものにしており、一生物のパートナーとしても、コレクションとしても信頼できる逸品と言える。