ATFブランド情報

ホーム > > プラダ ~王室御用達の老舗ブランド~

プラダ ~王室御用達の老舗ブランド~

prada.JPG


創業100年を超える歴史を持つイタリアの老舗ブランド。
素材やデザインにこだわり職人技が光るプラダは王室御用達になるなど輝かしい栄誉も持ち、日本市場においても一大ブームを巻き起こしたほど。
そんなプラダの魅力を歴史とともに改めて探ってみたい。

プラダが開業したのは1913年のことで、マリオ・プラダとその兄弟がミラノのドゥオモ近くに「プラダ兄弟商会」という皮革製品店をオープンさせたことから始まる。
彼らはオーストリッチやクロコダイルなどの品質の高い珍しい素材を世界中から集め、自らデザインも手掛け、さらには優れたイタリア職人の技術によってラグジュアリーな旅行鞄や革小物といったアイテムを作り上げた。
マリオは「エレガントでハイセンスなアイテムを作るデザイナー」として瞬く間にブルジョアの間で評判となり、イタリア王室の御用達にまでなった。
しかし、その栄光も長くは続かず1958年にマリオが他界してからは低迷期を迎えることになる。
娘のルイーザ・プラダが2代目として店を継いだものの、当時の時代背景として「動物愛護運動」が提唱され始め、ファッションのトレンドも豪華で華やかなものから実用的でシンプルなものへと変化していったためプラダ人気は衰退の一途を辿る。

そんな最悪な状況の中で光明を見出したのがマリオの孫娘であるミウッチャ・プラダ。
彼女が3代目として1978年にオーナー兼デザイナーに就任すると事態は復活の兆しを見せ始める。
それまでレザー製品で名を上げてきたプラダに「ボコノ」という軽量で耐久性の高い工業用防水生地のナイロン素材を導入したのである。
それを革と融合させた新しいバッグは軽くて丈夫、シンプルながらも機能的であり、これが現代女性の合理的な志向にマッチし1985年に発売されるやいなや世界的な大ヒットを記録。
これによりミウッチャ・プラはファッション界に名を知らしめると同時にプラダ復活を印象付ける。
このナイロン製バッグには「PRADA」のロゴがデザインされた三角プレートが配され日本でも当時は一大ムーブメントを巻き起こした。

その後も次々と斬新なアイデアを盛り込んだ新しいタイプのバッグを発表すると同時に、バッグ以外にもジャンルを広げてアイテムやラインナップを拡充させていく。
具体的には1985年にシューズ、1988年にレディースウェアを発表。
さらに1993年春夏にはよりリーズナブルでヤング層をターゲットにした姉妹ブランド「ミュウミュウ」を立ち上げる。
ちなみに、このブランド名のミュウミュウとは、ミウッチャの幼少時代からの愛称から名付けられたもの。
プラダの勢いは止まることを知らず1995年にメンズウェア、1998年秋冬からPRADAロゴとレッドラインが特徴のプラダ・スポーツ、そして1999年にアイウェア、翌2000年にはコスメティック、さらに2004年には香水の他、新分野である高級時計と宝飾品にまで参入。
まさにトータルブランドへとプラダは急成長を遂げる。

こうした精力的なラインナップ展開の一方で、勢いに任せ1999年からは企業買収にも力を入れ始める。
ヘルムート・ラングに始まりジル・サンダー、英国のシューズメーカーであるチャーチ、アズディン・アライアなどを次々と買収していく。
さらにLVMHと共同出資によりフェンディまでも買収するが、そんな勢いも長くは続かず相次ぐ買収によりかさんだ借金を返済すべくチャーチ以外のブランドを全て売却。
こうしてプラダグループの多角化路線は縮小し、プラダとミュウミュウに主軸を置いてハイクオリティなファッションを提案する方向に向かっている。
かつての無謀な拡大路線からは一変して今プラダは堅実に、そして確実に前進しながら大きく生まれ変わろうとしている。
現在では安定した経営状態にあり、魅力的な商品展開により人気を復活させている。