ATFコラム

ホーム > > フランクミュラー

フランクミュラー

ATF様 画像.jpg

 腕時計投資家の斉藤由貴生です。連載第7回目の今回は、フランクミュラーについてお話させていただきたいと思います。

 前回の記事では「パネライ」を取り上げましたが、そのパネライが大ヒットとなった2002年、同じく日本でヒットしたのがフランクミュラーです。

 当時は、ロレックスを筆頭とする腕時計ブームでしたが、パネライとフランクミュラーは「ロレックスの次」といった存在として多くの腕時計ファンに受け入れられていた様子でした。

 どちらのブランドも、一般向けに量産体制となったのは90年代前半ですが、当時から感度の高い人には知られており、ヒット以前の段階で「知る人ぞ知るブランド」という側面があった点が共通しています。

 ただ、価格面では、フランクミュラーとパネライには共通点はなく、両者は異なる価格帯に位置していました。2000年代前半において、パネライはロレックスに近い価格だった印象があるのに対し、フランクミュラーは雲上寄りだったといえます。

 そんなフランクミュラーは、ロレックスより高いということや、ひと目でフランクミュラーと分かる見た目により、2000年代中盤頃から、腕時計に詳しくない若年層にも「高いモノ」として知られていたと思います。

 ちなみに、2002年頃の新品実勢価格では、フランクミュラーはどのような立ち位置だったかというと、SSブレスレットの人気モデルの価格を例とした場合、以下のような価格序列だったといえます。

高い順に
パテックフィリップ≧フランクミュラー>オーデマピゲ≧ヴァシュロンコンスタンタン>パネライ>ロレックス

 具体的な例を出すと、アクアノート&ノーチラスが約90万円、コンキスタドール(ブレスレット)が約90万円、カサブランカの5850ブレスレットタイプが約60万円、ロイヤルオークの14790が約55万円、オーバーシーズの3針ラージが約55万円、ルミノールPAM50が約45万円、サブマリーナ16610が約38万円となります。(いずれも有名時計店の新品実勢価格。税別)
 しかし、2000年代前半に相対的に高かったフランクミュラーは今、いずれも中古売値が30万円台程度となっているのです。

 現在の価格序列では、ロレックスより安いのはもちろん、パネライほぼすべてのモデルよりも安く手に入るぐらいのフランクミュラーは、過去の価格序列とは全く異なる位置になってしまったといえる状況です。

 このような状況になったのは、2010年代に入ってからだといえますが、2010年頃においては、依然としてフランクミュラーは相対的に高い中古水準で、サブマリーナの16613よりカサブランカは高い価格帯に位置していたといえます。

  2010年頃といえば、ウブロなどが流行りつつあり、また、リシャールミルという名前も知られてきた時期だといえますが、これら2つのブランドは、ポストフランクミュラーという側面があると感じます。ウブロの人気モデルは、コンキスタドールなどのライバル、リシャールミルはフランクミュラーの複雑モデルのライバルといえます。

 ですから、フランクミュラーが「ロレックスの次」となったように、ウブロやリシャールミルが「フランクミュラーの次」となった可能性があるといえるでしょう。

 しかし、ロレックスに関しては、ポストロレックスというブランドが出てきても、中古相場は依然として高く、人気が高い様子があります。その違いは何かというと、オーソドックスか否かの差といえるかもしれません。

 例えば、コーヒー店において、オーソドックスなコーヒー、もしくはそれをベースとしたラテなどは『オーソドックス』といえますが、いちごフラッペやマンゴーフラッペは、季節の新商品として人気が高かったとしても、多くの人が通年頼むとは限りません。

 そういった意味では、『強いキャラクター』は、「他のブランドと並んで人気」という状況にはなりづらく、そのカテゴリの中で"1強"という状況になる傾向があるかもしれないのです。

 現在、中古相場という観点ではあまり評価されていない様子のフランクミュラーですが、2000年代において、強烈な存在感を誇った実績があるだけに、今後の戦略によっては、もしかしたら再ブームといった状況になる可能性も無いわけではありません。2003年に登場したクレイジーアワーズのように、腕時計ファンをあっと言わせるニュースが起きたなら、多くの人は無視できないと思います。